第14回鋤鼻研究会 プログラム

 

会 期 平成22年6月11日(金)~13日(日)

会 場 土佐ロイヤルホテル

〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲2995

 

世話人 椛 秀人(高知大学教育研究部医療学系基礎医学部門生理学講座)

準備委員 奥谷 文乃(高知大学教育研究部医療学系基礎医学部門生理学講座)

谷口 睦男(高知大学教育研究部医療学系基礎医学部門生理学講座)

村田 芳博(高知大学教育研究部医療学系基礎医学部門生理学講座)

 

 

6月11日(金)

・受 付 17:15~

・全体会議 19:00~20:00

・夕 食 20:00~21:00

 

 

6月12日(土) 9:20~18:20

・一般演題(1) 9:20~10:25 座長 長田 和実(北海道医療大・歯・生理)

9:20~9:40 シマヘビ嗅覚器における抗G蛋白免疫組織化学

 近藤 大輔(岐阜大・院連合獣医/岩手大・獣医解剖)

9:40~10:05 両生類嗅覚器における多様なG蛋白発現と軸索投射

山岸 公子(都臨床研)、中澤 英夫(慶應大・医・生物)

10:05~10:25 ノルアドレナリンによる副嗅球神経活動の調節

守屋 敬子(都神経研)

 

・特別講演(1) 10:40~11:40 座長 奥谷 文乃(高知大・医・生理)

 げっ歯類における匂いを介したコミュニケーション

菊水 健史(麻布大・獣医)

 

・昼 食(記念撮影) 12:00~13:30

 

・フリーディスカッション 13:30~14:40

 

 

 

.
・特別講演(2) 15:00~16:00 座長 椛 秀人(高知大・医・生理)

 情動・社会行動調節の神経内分泌基盤

 小川 園子(筑波大・院人間総合科学・行動神経内分泌)

 

・一般演題(2) 16:10~17:10 座長 中牟田 信明(岩手大・獣医解剖)

16:10~16:30 βアミロイド蛋白質によるフェロモン応答の抑制」

柏柳 誠(旭川医大・生理・神経機能)

16:30~16:50 警報フェロモンによる性行動抑制の中枢機構」

小林 辰也(東大・動物行動)

16:50~17:10 思春期に現れる雄ラット尿中の雌ラット誘引フェロモンの同定

長田 和実(北海道医療大・歯・生理)

 

・一般演題(3) 17:20~18:20 座長 若林 嘉浩(生物研)

17:20~17:40 非自己の嗅覚情報を鋤鼻器に取り込むネコ特有なフレーメン本能行動

宮崎 雅雄(東海大・糖鎖研)

17:40~18:00 鋤鼻細胞の増殖/生存維持と主要尿タンパク質(MUP)の役割

村本 和世(明海大・歯・生理)、権 蓉丹(高知大・医・生理)、

外崎 肇一(明海大・歯・生理)、椛 秀人(高知大・医・生理)

18:00~18:20 鋤鼻受容細胞の樹状突起終端にサブタイプはあるのか?

高見 茂、堀江 沙和、舘野 こずえ、瀧上 周、長谷川 瑠美(杏林大)

 

 

6月13日(日) 9:30~12:00

・一般演題(4) 9:30~10:30 座長 茂木 一孝(麻布大)

9:30~9:50 ヤギの雄効果フェロモン作用におよぼすオピオイド受容体アンタゴニス

トの影響

坂本 光平(東大・動物行動/生物研)、村田 健(東大・動物行動/
生物研)、若林 嘉浩(生物研)、武内 ゆかり(東大・動物行動)、
森 裕司(東大・動物行動)、岡村 裕昭(生物研)

9:50~10:10 スズメ目の嗅上皮と嗅球の特性

横須賀 誠(日獣大・比較動物)

10:10~10:30 ラット鋤鼻受容細胞の滑面小胞体についての形態学的解析

堀江 沙和、高見 茂(杏林大)

 

.
・一般演題(5) 10:40~11:40 座長 瀧上 周(杏林大)

10:40~11:00 Intrabulbar infusion of Trichostatin A, a HDAC Inhibitor facilitates olfactory
learning in young rats

王 宇杰(高知大・医・生理)

11:00~11:20 Caイメージング法によるイモリフェロモン応答細胞の観察

中田 友明(日獣大・比較動物)

11:20~11:40 新規マウスフェロモンESP1の性特異的な行動への影響

服部 達哉(麻布大)

 

・閉会挨拶 椛 秀人(高知大・医・生理)

 

・解 散 12:00

.