Topics‎ > ‎

2018 Retreat

コンパニオンドッグラボラトリにて

312

8:45 菊水 健史 Overview

Part I 共感

9:15 野元 謙作:共感(マウス) Overview

9:45 村山花子:マウス情動伝染における神経活性の観察

10:00 都田真由子:共感性を司る神経細胞の同定

10:15 永井一成:共感性を司る神経回路の実証研究

10:30 中村 月香:マウス情動伝染に関与するバイオシグナルの同定

(休憩 1050 -1110

Part II  早期離乳と中枢・身体発達:腸内細菌叢との関係

11:10 菊水 健史:早期離乳研究 Overview

11:40  蒲原 菜津実:早期離乳によるグルココルチコイド上昇の中枢作用点解明

12:00  上杉 愛海:早期離乳による社会不安形成の分子メカニズム

12:15  柳佑実:早期離乳による社会性障害のメカニズム解明

(昼休憩)

15:10 上村いつか:腸内細菌叢によるマウス社会性・認知機能の変化の解明

15:40 福田 遥菜:マウス母性行動発現における腸内細菌叢の役割

15:55  二川夏実:母性行動の次世代伝承と腸内細菌叢の関連解析

16:10  小西奈菜子:母性行動を制御する内分泌ー細菌叢の解析

(休憩 1625 -1645

Part  III 雌雄間コミュニケーションと脳の性差

16:45 菊水 健史:雌雄間コミュニケーション Overview

17:15 池田 篤哉:マウスブルース効果に関わる記憶神経細胞の機能実証研究

17:30 正岡 拓人:マウスブルース効果を支えるシグナル分子の探索

17:45  町田 暁洋:自閉症モデルマウスにおける社会性機能の解析

18:15  井上かれん:社会的文脈による雄マウス超音波発声の変化の解析

18:20  田嶋実:マウス集団行動におけるオキシトシン神経系の役割解明


313

Part IV  母性環境と社会性発達

8:45 茂木 一孝:発達期オキシトシンと社会性の獲得 Overview

9:30 大山瑠泉:発達期の帯状回オキシトシンの役割 from NY

10:00  西川 夏葉:発達期オキシトシンによる母性中枢の変化

10:15 内山 龍之介:母の記憶、子の母性:次世代につながる架け橋研究

10:30   木内由希穂:幼少期オキシトシン神経系による社会性発達の解明

(休憩 10:45-11:05)

11:05  度会 晃行:産褥性精神障害に関する神経基盤の解明

11:35  蔦木 聡子:母性行動を制御する視床オキシトシン神経系の役割

11:50  目黒 拓也:産褥性精神障害の動物モデル作出および行動解析

(昼休憩)

Part V  イヌの社会性と進化

14:00 永澤 美保:イヌの社会性 Overview 

14:30  松原 聡子:発達期環境によるイヌとネコの行動変化

15:00  松下昌平:ヒトとイヌの相互インタラクション解析 -映像と音声によるイヌの反応制御-

15:20 大北 碧:イヌにおけるヒト視線の社会報酬効果

(休憩 15:50-16:10)

16:10 村田 香織ヒトとイヌの絆形成が実社会場面にて果たす効果の解析

16:40 斎藤 愛彩: イヌのアタッチメント行動とヒトイヌの情動伝染

16:55    友利 咲子:イヌのヒトへのアタッチメント行動の発達

17:10   橋元 智紀:ヒトとイヌの身体性同調

17:25  大滝 賢一:イヌの卓越した社会認知機能を支える遺伝基盤①

17:45  武内萌花イヌの卓越した社会認知機能を支える遺伝基盤②


総括菊水 健史

18:00  打ち上げ@7-303

Comments